乗馬111鞍目:姿勢を変えた結果

JUGEMテーマ:馬術・乗馬

今回は検索キーワードに「乗馬」・「坐骨」と入力して事前に騎座を勉強。


今までは上体を反らす、拳を下げるを意識していたが「馬の背を感じるように」とか「(自分の)背中を立てる」とか「坐骨を真っ直ぐに座る」等を言われることが多く、曖昧にしていた理解を深めるよう具体的に調べた。

 

改善した結果:股?お尻?と鞍の密着度が上がって反動も減った!

 

簡潔に書くとお尻の側面と鞍の接する面積を減らした。

いつからかお尻の側面が鞍にベタッとくっつくように座ってしまっていたことに要約気づき。

お尻の背中を立てて座るやり方へ変更。

 

お尻がベタッと鞍に付いてたから正反動の時にお尻がポンポン跳ねられていたんだ。

 

座り方を変える→鞍と密着が増える→脚(扶助)する時のブレが減るってことにも初めて気づいた。

 

だけど、だからと言って、それでサクッと動いてくれるわけもなく涙

それでも前よりは安定してブレずに乗れるようにはなった。これは大きい!!

 

今練習してる馬は可成調教が進んでいるのでこの子を動かせるようになれば一気に上達するはず。

 

馬は精神的に人に頼りたくて、プレッシャーを与えた方が集中してよく動くと書いてあったので、少しでも頼られるように強くなりたい。

 

でも扶助は軽く優しくを目指す。

 

今日は乗馬日和の良い天気でした。

-----------------------------------------------------------------

応援クリックお願いしますハート

押してもらえたら練習出来る回数が増えるはず!!

よろしくお願いしますハートハート

にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
日本ブログ村

 


人気ブログランキング