乗馬以外のこと:生け花 草月流

お花のお稽古は月3回あるので書く機会は多いです。
ただし、ネタは全然ないです…。

お花を習い始めてから家にお花が増えます。
冬は投入の花器に水入れて刺しておけば良かったですが、この季節はお花がすぐ枯れてしまう。

水は最低でも二日に一度は変えないと腐ります。
家に持ち帰ったら生けなおす前に花草は水切りしないとダメっぽいですね。

水の入れ替えは作品に高さがあるだけに中々難しいんです。
長い枝は50cmはあるんじゃないでしょうか?花器の大きさで長さも決まるので花器に左右されますが。

前回はバラが3日くらいで首が垂れちゃいました。

今回は美人の代名詞!
リベンジの花、芍薬(シャクヤク)なのでしっかり水切り(4cmくらい)してから剣山に生けました。

花材ががまの穂と芍薬だったのですが、がまの穂って面白いですね!
触るとふかふかで面白いです☆

がまの穂 芍薬の花

芍薬の花とがまの穂はこれでイメージ出来ると思います!
人のブログから拝見しておりますので私の作品ではございませんのでご了承ください。

朝、芍薬の花と蕾に霧吹きをかける瞬間が何気なく幸せなのであります(・ω・)ふふふ

JUGEMテーマ:花のある暮らし

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL